リサイクルトナー

 

リサイクルトナー

CACTION

WHAT'S 3R

QUESTION

Link

廃車をリサイクル

リサイクルの流れ

種類

良い業者とは

リサイクルトナー

リサイクルトナーやその他関する事のページです

CACTION

リサイクルに関する注意事項です
 

3R

3Rとは何を指すのか調べてみました

質問集

よくある質問をまとめてみました

LINK集





環境についてのLINK集です

はじめて『リサイクルトナー』の存在を知ったのは、おそらく平成10年ごろだったと記憶しています。

その時の感覚は今でも覚えていますが、『こんなものがあるのか。』と思い純正トナーを購入することがあたりまえと思っていたので、安い値段も含め、ワクワクしたことを思い出します。最近のリサイクルトナー専門店は、 はじめてリサイクルトナーをお使いの方も安心してお使いできるよう、女性スタッフがしっかりサポートしたりしている所が増えてきているので安心できますよね。

さっそく商品をとりよせ使ってみました。最初は調子よく純正トナーと同じ様に印刷できたのですが、いわゆる『白ぬけ』状態となり、見事に印字不良が発生しました。

『なんだ、こんなもんか。安かろう悪かろうだな。』

これは8〜9年前のことで、今は品質もかなり良くなっています。

感覚的には、不良率も当時の1/5ぐらまでに低下しているよう様な気がします。

(データがないので比較できませんが)

以前リサイクルトナーでこりて、新品のトナーを使っている方はいらっしゃいませんか。

大変もったいないと思います。料金的に環境的にも。もちろん今でも、不良率は2〜3%と言われていますので不具合は必ずいつか発生します。しかし、不具合が発生することを前提に使用すれば、やはりメリットの大きい商品と思います。

尚、このHPを介して皆様が少しでもリサイクルトナーに対する知識を深め、またそこから環境に対する配慮にも多少なり変化があれば幸いです。

Valuable information

サイクルウェアが人気

制服の買取

アメリカ雑貨をお探しなら

E.ARMANI・PRADA・レイバン正規取扱店。メガネの洗浄、調整を承ります。他店購入のメガネも無料です。

京都、東山のメガネなら「京エスプワール」

 


Copyright (C) 2008 リサイクルトナー.COM  Ltd. All rights reserved